うまいカニ 見分け方

カニの寿命は一般にタラバガニで30年、ズワイガニで20年、毛ガニで15年と言われています。その一生の間に何回も脱皮を繰り返して大きくなりますが、脱皮間もないカニは殻が柔らかくブカブカしており、中身もスカスカです。

脱皮には多くのエネルギーを費やすために、脱皮回数の多いカニは身もやせて、あまり脂も乗っておらず美味しくないのです。要するにまだ成長途上なのです。このようなカニは「若ガニ」「二重ガニ」などと呼ばれ、市場では安く取引きされます。

逆に大きくなりすぎたカニも味が大味になってしまい良くないのですが、脱皮からある程度時が経ってズッシリ重くなったカニは、殻を指で押してもしっかりと堅く身が詰まっているのがよく判ります。こういったカニは「堅ガニ」と呼び、市場でも高値で売られ重宝されます。

また、甲羅にフジツボカニビルなどの付着物が付いたカニも「堅ガニ」と見てまず間違いありません。一見、見た目は悪いですが、脱皮からある程度時間が経っている証拠でもあります。

さらに、メスのカニの多くは3年目以降に産卵を始めますが、産卵後にしか脱皮できないので、必然的にオスのカニより成長が遅くなります。脱皮と同様、産卵にも大きなエネルギーを必要としますので、どうしても身が細ってしまい市場価値も低くなってしまうのです。

 

サイトマップ